開催日時 開催場所 テーマ 大会長
第1回 1995/10/07 東京医科大学病院
(東京)
死をむかえる心と死をみる心 加藤正明
(東京医科大学名誉教授)
第2回 1996/12/14 大宮ソニックシティ
(埼玉)
死をむかえる心と
生と死をみつめる心
武田文和
(埼玉県立がんセンター総長)
第3回 1997/11/29-30 東洋英和女学院大学
(神奈川)
死から生をみつめる
 ~いのちの輝きを求めて~
平山正実
東洋英和女学院大学教授
第4回 1998/10/24-25 明海大学浦安キャンパス
(千葉)
いのち ~死生学の試み~ 木阪昌知
(明海大学教授)
第5回 1999/10/30-31 ホテル
ニューオータニ長岡
(新潟)
老いと死
 ~“あたりまえの死”をめぐって~
松田ひろし
(柏崎厚生病院院長)
第6回 2000/11/25-26 千葉県文化会館
(千葉)
がんをめぐる死生観 長山忠雄
(千葉県がんセンター長)
第7回 2001/12/8-9 聖路加看護大学
(東京)
生と死の対話
 ~死にゆく者として
支える者として~
松島たつ子
(ピースハウスホスピス
 教育研究所所長)
第8回 2002/12/7-8 上智大学四谷キャンパス
(東京)
生と死を学ぶ
 ~21世紀の
デス・エデュケーションの試み~
アルフォンス・デーケン
(上智大学教授)
第9回 2003/12/13-14 法政大学市ヶ谷キャンパス
(東京)
死生学におけるスピリチュアリティー 白井幸子
(ルーテル学院大学教授)
第10回 2004/11/20-21 東京医科大学病院
(東京)
臨床死生学の10年
 ~過去・現在・未来~
飯森 眞喜雄
(東京医科大学教授)
第11回 2005/11/26-27 東洋英和女学院大学
(神奈川)
現代日本と生命の尊厳
 ~自殺問題を考える~ーマ
斎藤友紀雄
(日本自殺予防学会理事長)
第12回 2006/11/25-26 尚美学園大学
(埼玉)
自己決定権を考える 五十子敬子
(尚美学園大学教授)
第13回 200712/15-16 早稲田大学
西早稲田キャンパス
(東京)
子どもの生命に向き合う
 ~こどもと我々の未来を語るために~
小野充一
(早稲田大学
人間科学学術院教授)
第14回 2008/9/6-7 かでる2・7(北海道) 安楽死問題と臨床倫理 
~安らかな死を迎えるために~
石谷邦彦
(東札幌病院理事長)
第15回 2009/12/5-6 東京大学本郷キャンパス
(東京)
臨床現場で生きる/活かす死生学 清水哲郎
 (東京大学大学院教授)
第16回 2010/12/11-12 早稲田大学国際会議場
(高田馬場)
今あらためて生と死を考える
‐援助の手をさしのべるために-
大西秀樹
(埼玉医科大学精神腫瘍科教授)
第17回
2011/9/17-18 兵庫医療大学オクタホ-ル
(兵庫)
生きることと死ぬことの意味するもの
-生と死に境界はあるか
佐藤禮子
(兵庫医療大学副学長・教授)
第18回
2012/11/23-24 女子聖学院中学校・高等学校
(東京)
スピリチュアルケアの実現に向けて
-理論・実践・制度-
窪寺俊之
(聖学院大学大学院教授)
第19回
2013/12/7-8 政策研究大学院大学
(東京)
「 高度に進歩した生命科学時代のいのちを考える -望ましい生と死をめざして-」 白井徳満
(秋津療育園・園長)