投稿規定

1. 本誌は日本臨床死生学会誌であり,本学会の趣意にかなった「総説」「原著論文」「症例研究」「研究ノート」「短報」「意見」「動向」「資料」などの原稿を募集します。ただし,投稿された原稿をどのカテゴリーにするかは,本学会編集委員会が決めます。ただし,他の雑誌もしくは単行本に発表,あるいは投稿している原稿は受理しません。

2. 投稿者は共同執筆者を含め,原則として日本臨床死生学会会員に限ります。

3. 原稿は原則として,メール添付ファイルで送信し、プリントアウトした3部を別送してください。

4. 書式はA4版横書き40字×30行を1頁に設定してください。

5.原稿の字数は,文献注等を含め「総説」「原著論文」は12,000字(英文の場合は6,000語)以内、「症例研究」「研究ノート」は8,000字(英文の場合は4,000語)以内、その他は4,000字(英文の場合は2,000語)以内を原則とします。図表はスペースを字数に換算して含めます。

6. 原稿の1枚目には,表題,著者全員の氏名,それぞれの投稿時の所属名と住所,連絡担当者の電話番号およびファクス番号,英文表題,英文著者名,英文所属名と住所,を記載してください。

7.「総説」「原著論文」「症例研究」「研究ノート」「短報」の場合には,原稿の2枚目に,400字以内の日本語要約(英文の場合は200語),および日英それぞれ5つ以内のkey wordsを記載してください。英文による投稿もこれに準じてください。

8.「原著論文」ではさらに,200語以内の英文抄録をつけてください。また「総説」「症例研究」「研究ノート」「短報」でも英文抄録をつけることが望まれます。

9. 続いて本文を記載してください。形式は原則として,「原著論文」の場合には,「はじめに」「対象および方法」「結果」「考察」「まとめ」「文献」の順にしてください。その他の論文もこれに準じますが,内容に応じて自由とします。

10. 症例もしくは対象者の人権,匿名性については十分配慮してください。

11. 文献は引用順に番号をつけ,本文の引用箇所の肩に1),2),3),4-6)のように番号で示してください。

12. 文献の記載は以下の規定に従ってください。

1) 著者名は3名までとし,それ以外は「他」または「et al」としてください。
2) 雑誌では,著者名:題名.雑誌名 巻数(号数):頁(始め頁-終わり頁)発行年の順で記載してください。
【例】
1) 飯森眞喜雄,宮川香織:生と死の臨床学-精神科医療における臨床死生学の行方-.こころの臨床14(4):387-390,1995
2) Fulton R:The many faces of grief. Death Studies 11(4):243-256,1987
3) 単行本では,著書(編者)名:書名.出版社名,発行地,引用頁(始め頁-終わり頁),出版年
【例】
1) 平山正実:ターミナルケアと死.小見山実,大森健一,中根晃他(編):生と死の精神病理.岩崎学術出版社,東京,25-52,1996
2) Tyrer P:Clinical use of monoamine oxidase inhibitors.In:Paykel ES,Collen A eds, Psychopharmacology of Affective Disorders,Oxford University Press,Oxford,159-178,1979

13. 原稿の採否および掲載号は編集委員会が決定します。審査の結果,修正,削除,加筆などをお願いすることがあります。また,文体・表現・表記について編集委員会で修正,統一させていただくことがありますのでご了承ください。なお,査読者氏名は公表しません。

14. 著者校正は1回のみとします。

15. 掲載原稿には別冊20部を贈呈いたします。それ以上の別冊作成については50部単位で実費作成いたしますので,必要部数を原稿の1枚目下に朱筆してください。

16. 掲載料について:組上がりで,2,000円/頁の基本掲載料をいただきます。さらに9頁目からはl0,000円/頁の掲載超過料をいただきます。原稿30枚がほぼ8頁に相当しますが,図表などの大きさやレイアウトの都合で超過してしまうこともありますので,あらかじめご了承ください。

【原稿送付先】
〒113-0033 東京都文京区本郷2-17-13
(有)エム・シー・ミューズ内
「臨床死生学」編集委員会
E-mail:henshu_iinkai@jsct.org